千歳烏山の歯医者、忠重歯科医院のインプラントご紹介ページ

忠重歯科医院
えのき歯科クリニック

インプラント

インプラントとは

インプラント構造インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作成して機能を回復する治療方法です。
固定式であるため入れ歯のようにガタついたりせず、自分の歯とほぼ変わらず噛めるようになります。

施術前 施術後

インプラントの長所

インプラントの短所

他の治療との違い

インプラント ブリッジ  義歯(入れ歯) 
インプラント ブリッジ 義歯(入れ歯)
  • 異物感がない
  • 両隣の健康な歯を削る必要がない
  • 硬いものも噛める
  • 見た目が自然
  • 噛み合わせがよく、あごの骨が痩せるのを防ぐ
  • しっかり固定され、他の歯に負担をかけない
  • 保険を利用できない
  • 汚れがたまりやすい
  • 両隣の歯を削る必要がある
  • 両隣の歯に負担をかける
  • 保険を利用できる(メタルの場合)
  • 違和感がある
  • 硬いものを噛みにくい
  • バネをかける歯の負担が大きい
  • あごの骨が痩せて合わなくなると作り直さなければならない
  • 毎日取り外して手入れが必要
  • 保険を利用できる

インプラント治療の流れ

STEP1 カウンセリングと審査

インプラント治療に必要な審査を行いインプラントの治療が可能かどうかを診断します。 その後治療計画を立てます。

STEP2 治療計画の説明

初診での検査資料を元に診断し、より詳しい治療計画のご説明をします。必要に応じて、模型を用いて治療計画の説明をします。
インフォームドコンセント(十分な説明と理解)が十分に行われてから治療を開始します。

STEP3 虫歯や歯周病の治療

他の歯に虫歯があったり歯周病にかかっていると、すぐにはインプラント治療はできません。インプラント治療の前に周囲の歯の虫歯治療や歯周病(歯槽膿漏)の治療を行います。
また、骨量が不足している方には骨の再生治療を行います。

STEP4 インプラントの埋入手術

・歯の根に相当する部分インプラントの部品(=フィクスチャー)を手術により顎の骨に埋人する手術を行ないます局所麻酔を用いて行ないますので安心して手術を受けることができます。

STEP5 治癒期間

埋入したインプラントが骨と結合するまで安静期間を置きます。
骨の状態や治療部位によって異なりますが、三ヶ月から六ヶ月ほど待ちます。
なお、この期間中は仮歯を入れることができるので、日常生活には支障がありません。
治癒期間の目安

上顎前歯:6ヶ月   上顎奥歯:6ヶ月 下顎前歯:3ヶ月 下顎奥歯:3ヶ月 


STEP6 上部構造の設置

●アバットメントの連結
人工の歯の支台となるインプラントの部品(=アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
*この時、簡単な手術を行う場合もあります。

●人工歯の装着
インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型をとること)を行ないます。
その型に従い人工の歯を作製します。その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

STEP7 定期検診(メインテナンス)

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。先生の指導に従い正しい歯みがきをこころがけてください。年に一度の定期検診をおすすめします。

Copyright(c) Tadashige Dental Clinic Allrights Reserved.